三菱ふそう/アスクルの物流会社へ小型EVトラック2台納車

2020年01月22日 

三菱ふそうトラック・バスは1月21日、アスクルのグループ企業ASKUL LOGISTへ電気小型トラック「eCanter」2台を納車した。

<納車したeCanter>

eCanter

2台のeCanterは、ASKUL LOGISTの新木場物流センターで配送用トラックとして活用される予定。

アスクルは、2030年までに全事業所からの排出、配送に係るCO2をゼロにする「2030年CO2ゼロチャレンジ」の実現に向けてサプライチェーン全体でのCO2削減を進めており、eCanterの導入はその一環。

eCanterは車両総重量7.5トンクラスの小型EVトラックで、最大航続距離は約100km。日本国内では46台が稼働中で、日米欧で合計100万km以上の走行実績がある。Eコマース事業者による導入はアスクルが国内初。

最新ニュース

物流用語集