SGHD/スポーツ分野の活動で東京都とスポーツ庁から認定

2020年01月22日 

SGホールディングスは1月22日、東京都が選定する「東京都スポーツ推進企業」に5年連続で、スポーツ庁が選定する「スポーツエールカンパニー」に3年連続で認定されたと発表した。

<ニューイヤー駅伝に出場した陸上競技部>

ニューイヤー駅伝

<毎年5月に行われる大運動会>

運動会

これらの認定は、オフィシャルスポーツ部であるソフトボール部・陸上競技部の各活動や、グループ従業員と家族を対象とした運動会開催など、スポーツ振興の継続的な取り組み等が評価されたもの。

SGホールディングスグループは、全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)に25年連続26回出場の陸上競技部や、日本女子1部リーグに所属し東京オリンピック2020の強化指定選手も在籍するソフトボール部を保有。

選手を従業員として雇用するかたわら、競技に打ち込めるようサポートしており、地元や合宿先・遠征先で小中学生向けの講習会を実施するなど、スポーツを通じた社会貢献や次世代の育成にも積極的に取り組んでいる。

また、毎年5月には、滋賀県守山市にあるグループ保有の陸上競技場で、従業員と家族を対象とした大運動会「SSF(SG Holdings Group Family Sports Festival)」を実施。2019年の運動会には約1200名が参加し、事業会社別・支店別に競い合い社員・家族とのつながりを深めた。

最新ニュース

物流用語集