フレクト/パイオニア製ドラレコが動態管理サービスに対応

2020年01月21日 

フレクトは1月21日、パイオニアのドライブレコーダー端末「TMX-DM02-VA」をリアルタイム動態管理「Cariot(キャリオット)」のデバイスに追加し、販売を開始したと発表した。

<TMX-DM02-VA>

TMX-DM02-VA

TMX-DM02-VAを設置することで、車の走行情報がLTE回線網とクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト API」を通じてCariotサーバーに連携。GPSによる速度・測位や、危険運転(急加速・急減速・急ハンドル)時の位置情報や動画データなどがサーバー上にアップされ、同時にCariot上の走行データから地図上で把握できるようになる。これにより、タイムリーな現場の状況把握、走行記録を元にした業務効率化や、危険運転ドライバーの運転指導による安全性の向上などを実現する。

Cariot(Car+IoT)は、2016年4月にサービスを開始したクラウドサービスで、セールスフォース・ドットコムが提供するビジネスアプリケーションのマーケットプレイス「Salesforce AppExchange」で公開、提供している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集