川崎汽船/CDPの「気候変動Aリスト」企業に認定

2020年01月21日 

川崎汽船はⅠ月21日、東京都内で1月20日開催された「2019年度CDP気候変動日本報告会」において、最高ランクの評価である「気候変動Aリスト」企業に認定されたと発表した。

<CDP の気候変動Aリスト>

CDP のAリスト

主催は、持続可能な経済を実現させる活動を行う国際非営利団体(NGO)のCDP。

昨年、運用資産総額96兆米ドルを超える525の機関投資家を代表してCDPから送付された質問書に対して、自社の気候変動情報を開示した企業のうち、報告年における排出削減活動などの気候変動対策が特に優秀であると評価された上位179社がAリストに認定された。このうち日本企業は38社で、4年以上連続の選定は6社のみだった。

川崎汽船は中期経営計画においてESG(環境・社会・ガバナンス)の取組みを経営上の重要課題と定めている。環境の分野においては、2015年に策定した長期環境指針「”K” LINE環境ビジョン2050 ~青い海を明日へつなぐ~」に沿った対応を進めており、中でもグループ全体で環境コンプライアンスを確保しつつ、継続的に環境保全活動を推進するための体制「DRIVE GREEN NETWORK」の推進が実を結び、4年連続のAリストの評価を得ることができた。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集