商船三井ロジ/タイ現地法人に商船三井グループの物流事業結集

2020年01月20日 

商船三井ロジスティクスは1月20日、タイ現地法人のMOL Logistics(Thailand)(MLGタイ)が商船三井のタイ現地法人(MOLタイ)の国内物流・通関部門を結集し、1月から総合物流事業を強化したと発表した。

<MLGタイの国際航空・海上輸送に、タイ国内の陸送サービスが加わる>

タイは自動車・電化製品・部品・ケミカル産業の一大拠点。

MLGタイはMOLタイの人財資産とノウハウを生かし、鋼材やケミカルなどの特殊輸送にも対応出来るように400台規模の自社フリートを整備し、自社で運行。世界26か国、126拠点をカバーする海外ネットワークに、地域に密着した専門性の高いサービスメニューを加えることで、高品質の物流サービスを荷主へ提供する。

MLGタイでは、1993年の設立以来、国際航空・海上フォワーディングを中心に物流サービスを提供している。今回、急速に変化する荷主のニーズに合わせた総合物流サービスのメニュー拡充と一層の品質向上が必要と判断し、MOLタイの国内物流・通関に関するノウハウと人財資産を結集することで、タイでのストレスフリーな物流サービスの提供を目指す。

■MOL Logistics (Thailand)の概要
所在地:163 Thai Samut Building, 11th 12th Floor, Surawongse Road, Suriyawongse Sub District, Bangrak District, Bangkok 10500
設立:1993年7月
資本金:THB2000万(7300万円)
営業拠点:Bangkok(本社)、Bangkok Airport Office
事業内容:国際航空・海上輸送フォワーディング、通関、国内トラック輸送、鋼材・ケミカル等特殊輸送、機械据付け、ほか各種ロジスティクス
従業員数:600名

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集