Hacobu/2月6日開催、「MOVO FORESIGHT2020」

2020年01月20日 

Hacobuは2月6日、東京でデジタル・ロジスティクスのイベント「MOVO FORESIGHT2020」を開催する。

2018年には300名以上が来場し、好評を得た「デジタル・ロジスティクス」がテーマのイベントで、物流企業や荷主企業の物流・システム部門担当者が対象。

第2回となる今回は、定員500名、登壇者20名以上と規模を拡大し、物流のデジタルトランスフォーメーションを考える上でヒントとなるようなセッションを実施する。

コンテンツは、日野自動車の下 義生社長・CEOやセイノーホールディングスの田口 義隆社長をはじめとした基調対談のほか、フォース・マーケティングアンドマネジメントの岩田 彰一郎社長・CEOやプラネットの玉生 弘昌会長などによる「個社最適から社会最適へ」をテーマとしたセッション、「流通業界のデジタル化の課題」、「エンジニアからみたデジタルトランスフォーメーション」、Hacobuユーザー企業登壇の「マネジメントが物流に取り組む意味」など幅広いテーマを予定している。

また、イベント後には登壇者が参加する懇親会も開催する。

■イベント内容
基調対談   
日野自動車 代表取締役社長兼CEO 下 義生氏
セイノーホールディングス 代表取締役社長 田口 義隆氏
ファシリテーター:Hacobu 代表取締役社長CEO 佐々木 太郎

エンジニア登壇セッション
「2つのDX」
Finatext Lead Developer 石橋 淳志氏
アスクル フューチャープラットフォームアーキテクチャテクノロジー本部ロジスティクステクノロジー統括部長テクノロジーオフィサー 内山 陽介氏
Hacobu 執行役員CTO 戸井田 裕貴
ファシリテーター:Hacobu 取締役CFO 濱崎 惟

「個社最適から社会最適へ」
ファシリテーター:フォース・マーケティングアンドマネジメント 代表取締役社長・CEO 岩田 彰一郎氏
プラネット 代表取締役会長 玉生 弘昌氏
J-オイルミルズ 代表取締役社長執行役員 八馬 史尚氏

「流通業界におけるDXの課題とそのアプローチ」
三井倉庫ロジスティクス ビジネスソリューション本部事業開発部部長 松川 健一氏
ヤオコー 取締役情報システム部長兼ロジスティクス推進部長 戸川 晋一氏
アクア 経営戦略本部新規ビジネス企画グループディレクター 永井 千絵氏
PALTAC 物流本部 副本部長 佐塚 大介氏
ファシリテーター:Hacobu 執行役員CPO 佐藤 健次

MOVO導入企業セッション
「マネジメントが本気で物流に取り組む意味」
LEOC 上席執行役員 商品本部経営企画・販売促進部/海外商品部部長 畑 裕之氏
アスクル 執行役員フューチャープラットフォームアーキテクチャECR本部プロキュアメント統括部長 桜井 秀雄氏
花王 SCM部門ロジスティクスセンターセンター長 山下 太氏
LIXILビバ 執行役員SCM統括部長兼物流部長 大崎 勝啓氏
ファシリテーター:Hacobu 取締役COO 坂田 優

■開催概要
日時:2月6日 (木)13:00~18:50 (受付開始12:00~)、懇親会19:10~
場所:ベルサール御成門タワー
東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F
定員:500名
対象:物流関連企業または製造業、流通業、小売業等においてIT部門や物流関連業務に従事されている方
参加費:無料(イベント参加のみ) ※懇親会参加は7,000円
主催:Hacobu

■詳細・申込み
https://movo.co.jp/event_and_seminor/1116

■問い合わせ(Hacobu)
TEL:050-3852-2987

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集