インフォア/豪大手小売Coles社のサプライチェーン可視性高める

2020年01月17日 

インフォアは1月17日、オーストラリアの大手小売企業であるColes社が、国際規模でサプライチェーンの可視性を高めるために、グローバル取引のプラットフォームとしてインフォアのクラウドコマースネットワーク「Infor Nexus」を採用したと発表した。

Coles社は、グローバル取引のプラットフォームの実装により、輸入プロセスの合理化とコスト削減、国境を越えたサプライチェーンの近代化を推進する。同社は、オーストラリアで初めてInfor Nexusを導入し、2020年に運用開始する予定だ。

Infor Nexusによって、Coles社は「流通在庫および配送センターの在庫削減による運転資本の削減」「貨物、滞船、通関を含む輸送コストの削減」「運送企業との取引の簡素化」を実現できるようになる。

Coles社のKevin Gunn運用・変革担当エグゼクティブゼネラルマネージャーは、Infor Nexusプラットフォームで世界中の在庫をリアルタイムに可視化できるようになると言及しつつ、「顧客にとって重要なのは、商品が手に入るかどうかです。電球、ハーブやスパイス、アルミホイルやゴミ袋といった台所用品などの売れ筋商品は、オーストラリア国内で調達できず、海外のサプライヤに頼るしかありません」と述べている。

さらに、「在庫がどこを移動しているかを把握することでより適切に計画することができ、店舗に商品を搬入するまでの時間を短縮し、顧客がより多くの商品を入手できるようになる。また、サプライチェーン上の在庫管理の時間が短縮されることで、運転資本を有効活用できる。加えて、州をまたがる在庫移動を極力抑えれば、トラックの移動回数が減り、サプライチェーン全体を効率化できるだけでなく、輸送の安全性を高め、炭素排出量を削減できる」と語っている。

そして、Coles社のRoger Sniezek最高情報責任者兼デジタル担当役員は、「最終的に、Infor Nexusは、顧客の店頭での商品の入手のしやすさを高めることになる。私たちは、テクノロジー主導の店舗やサプライチェーン全体のコスト削減を実現しつつ、より良い『お買い物体験』を提供し、チームメンバーの業務負担を減らすよう尽力してきた。Infor Nexusへの投資はその一環」と話している。

最新ニュース

物流用語集