楽天、西友/横浜に6割省人化のネットスーパー専用物流センター

2020年01月16日 

楽天と西友は1月16日、三井不動産が横浜市都筑区に開発する大型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)横浜港北」の全フロアを賃借し、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」の新物流センターを設けると発表した。

<「楽天西友ネットスーパー」の新物流センターとなる「MFLP横浜港北」>

MFLP横浜港北

新物流センターは、東名高速道路「横浜青葉IC」から4.6km、第三京浜道路「港北IC」から4.5km、首都高速横浜北線「新横浜IC」から6.3kmに位置し、2020年秋頃の稼働を予定している。

地上4階建延床面積5万m2の施設で、効率的な入出庫を可能とするためトラックバースを1階と3階に設置し、スムーズで安全性の高い動線を実現するほか、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品の保管ができるよう冷蔵・冷凍庫を完備。

また、倉庫内作業を効率化する搬送設備などの自動化設備を導入することで、オペレーションの効率化(同規模の通常オペレーションと比較して60%程度省人化)と配送エリアの拡大、受注可能件数の増大を図る計画だ。取扱商品は数万アイテムを予定している。

「楽天西友ネットスーパー」は2018年10月25日に本格稼働を開始。ネットスーパーサービスへのニーズの高まりを受けて売上が1.3倍に拡大しており、今後もさらなる需要の拡大が見込まれている。

現在は、生鮮品をはじめとする食品や日用品などを西友の実店舗や、千葉県柏市のネットスーパー専用物流センター、都内に設置した配送拠点から宅配しており、今回の物流センター新設によって、サービスの利便性向上を図る狙い。

■新物流センターの概要
物件名:三井不動産ロジスティクスパーク横浜港北
所在地:横浜市都筑区川和町
階数:地上4階建
延床面積:5万m2
稼動開始:2020年秋頃予定

最新ニュース

物流用語集