日本梱包運輸倉庫/滋賀県長浜市で長浜営業所第2倉庫建設着工

2020年01月16日 

日本梱包運輸倉庫は1月15日、滋賀県長浜市川道町において、長浜営業所第2倉庫(仮称)建設に伴う地鎮祭を行ったと発表した。

長浜営業所は、1969年滋賀県北部にある長浜市高月町に木ノ本荷扱所として開設以来、途中、滋賀営業所と名称を変更して事業を継続してきたが、2019年5月、長浜市川道町に約3600坪の第1倉庫を建設して事業拠点を移し、名称も長浜営業所として再出発した。

地鎮祭を行った第2倉庫は、第1倉庫に隣接し、2階建て、延べ床面積約1万3200m2(4000坪)を計画し、2020年11月末竣工の予定。これにより、この営業所は延床面積 2万5080m2(7600坪)の倉庫を保有する事業所に拡張し、周辺企業の物流ニーズはもちろん、同社事業の関西北部の拠点として、関西と関東・北陸を結ぶ基幹営業所の役割を担うべく業務範囲、役割を拡大していく。

これにより、2系列の販売会社の担当が重複している地域について、販売・サービス体制を再整備することで今まで以上にきめ細かい提案が可能となるとしている。

最新ニュース

物流用語集