ARC/ECが自動倉庫システムの需要促進

2020年01月15日 

ARCは1月6日、自動倉庫システムの世界市場調査に関する報告書を発表した。

それによると、自動倉庫システム市場の成長はシャトルシステムが牽引。Eコマース業務を遂行するための要件が倉庫自動化の需要を促進しており、シャトルシステムはこれらの作業が今日の急速に進化する市場で成功するために必要な並外れたスループット、ストレージ密度、俊敏性を提供するとしている。

ARC Advisory Groupのサプライチェーン担当役員で「自動倉庫システムの世界市場調査報告書(Automated Storage and Retrieval Systems Global Market Research report)」の主著者であるClint Reiser氏は、「従来のユニットロード型やミニロード型自動倉庫システムはすでに広範に設置されているが、シャトルシステムやキューブベースの自動格納システムが最大の成長を遂げている。シャトルシステムは定評のある技術であり、高スループットで非常に変化しやすい消費者からの受注から配送までの業務のニーズに適している」とコメント。

また、「シャトルとロボットの利点を提供する革新的なハイブリッドシステムを提供する市場への新規参入者も数多くいる」と、付け加えている。

■自動倉庫システムの世界市場調査報告書
https://www.arcweb.com/arc-japan/japan-market-studies/automated-storage-retrieval-systems

最新ニュース

物流用語集