新明和工業/スマホでテールゲートリフタを遠隔診断

2020年01月15日 

新明和工業は1月15日、特装車の稼働状況を、スマートフォンを使い把握するコミュニケーションツール「新明和スマートコネクト」を開発したと発表した。

<「新明和スマートコネクト」イメージ図>

「新明和スマートコネクト」イメージ図

「新明和スマートコネクト」は、新たに開発した専用アプリケーションの操作により、購入した特装車の稼働状況を、スマートフォンを介して容易に確認できるコミュニケーションツール。

このツールの簡易診断機能を使用することで、稼働時に生じがちなトラブルの早期発見が可能となり、その解消をサポートする仕組みとして、修理窓口の案内機能も備えている。

アプリの「接続サポート機能」は、スマートフォンと製品(初回は「テールゲートリフタ」)近距離無線の接続を確実かつ容易に行える。

「簡易診断機能」は診断ボタンをタップすると、製品の稼働状況が表示される。「修理窓口案内機能」は、簡易診断の結果やトラブル発生時の対応窓口として、最寄りの修理窓口の連絡先を表示し、当該場所までナビゲーションをする機能が付いている。

また、「新着情報表示機能」では、動画や説明文書の表示により製品の取扱い方法をわかりやすく解説。

顧客への公開に先行し、2020年4月より新明和工業製品のメンテナンスを行う新明和オートエンジニアリングによる運用を開始する。

2020年10月からは、対象製品を所有されているすべての顧客に「新明和スマートコネクト」を利用してもらえるように、環境整備を進めるとともに、今後は段階的に対象製品を増やし、同社製品の稼働率および品質向上に貢献していくとしている。

なお、サービス対象製品は、2020年4月以降に販売する、新明和工業の「テールデートリフタ」、「1トン かくのうゲート(RAK10)」、「1.5トン マルチゲートⅡ(RAX15)」が対象製品となる。

アプリは無償で、サービス開始日は2020年10月1日。

最新ニュース

物流用語集