プロロジス/神戸市に4.6万m2の物流施設着工、三菱食品1,2階入居

2020年01月15日 

プロロジスは1月15日、兵庫県神戸市において「プロロジスパーク神戸5」を着工したと発表した。

<プロロジスパーク神戸5の完成予想パース>

プロロジスパーク神戸5の完成予想パース

<起工式であいさつするプロロジスの山田御酒社長>

起工式であいさつするプロロジスの山田御酒社長

「プロロジスパーク神戸5」は、着工に先立ち、三菱食品と、約1万9000m2の賃貸借契約を締結済みである。同社は、1・2階に入居し、食品の保管・配送拠点として利用する予定である。3・4階については、引き続き入居企業を募集している。

「プロロジスパーク神戸5」は、約2万m2の敷地に、地上 4階建て、1階と3階にトラックバースを備えた延床面積約4万6000㎡のマルチテナント型物流施設として開発される。

地域特性として自家用車による通勤者が多いため、敷地内には自走式立体駐車場を含む約190台分の駐車スペースを整備し、入居企業の雇用対策をサポートする。また、BCP対策(水・電気)を実施、倉庫内にはセンサー付きLED照明の導入を検討中だ。

なお、プロロジスは関西地区では、「プロロジスパーク京田辺」など現在14棟の物流施設を運営中である。兵庫県では、「神戸テクノ・ロジスティックパーク」内にBTS型物流施設「プロロジスパーク神戸3」を計画中であるほか、2020年4月に「プロロジスパーク猪名川 1・ 2」の起工を予定しており、入居企業を募集している。

■「プロロジスパーク神戸5」計画概要
名称:プロロジスパーク神戸5
所在地:兵庫県神戸市西区見津が丘
敷地面積:約2万m2
計画延床面積:約46,000㎡
構造:地上4階建
着工:2020年1月
竣工予定:2021年3

最新ニュース

物流用語集