シベリア鉄道貨物実証輸送/郵船ロジの精密機器輸送を追加

2020年01月10日 

国土交通省は1月10日、シベリア鉄道による日露欧間の貨物実証輸送に、郵船ロジスティクスによる精密機器輸送を追加したと発表した。

郵船ロジスティクスによる実証輸送は、1~2月にかけて実施。名古屋港を出発し、到着地のドイツ・デュイスブルクまで精密機器と付属部品を輸送する。

これにより、2019年度実証事業の計測項目である輸送のコストや手続き、品質、リードタイムなどに加え、輸送中の振動に関するデータを採取するほか、精密機器輸送への影響を調査する。

シベリア鉄道による日露欧間の貨物実証輸送については、2019年度実証事業として、東洋トランスによる危険品輸送、日新によるタンクコンテナを用いた化学品輸送、日本通運による輸入混載貨物輸送を実施済み。

郵船ロジスティクスによる実証輸送は、2019年度実証輸送の企画募集に応募があった案件の中から、募集要項の審査基準に基づいて選定された。

最新ニュース

物流用語集