KIC/神奈川県厚木市にBTS型物流施設、圏央道ICから1.5km

2020年01月10日 

KICアセット・マネジメントは1月10日、KIC厚木特定目的会社を通じて、神奈川県厚木市に「KIC厚木ディストリビューションセンター(DC)」を建設すると発表した。

<完成予想図>

KIC厚木ディストリビューションセンター

<周辺図>

KIC厚木ディストリビューションセンター

KIC厚木DCは、地上2階建て延床面積1万890m2のBTS(ビルド・トゥ・スーツ)型施設を計画。現時点で着工・竣工のスケジュールは未定になっている。

圏央道「圏央厚木IC」から1.46km、JR相模線「海老名駅」から1.8kmと良好な交通アクセスに恵まれた立地で、2020年上半期には「厚木PAスマートIC(仮称)」が開通することで、交通アクセスのさらなる向上を見込んでいる。

なお、KICアセット・マネジメントはこのほか、埼玉県春日部市と越谷市でも物流施設の開発を同時に推進している。

■KIC厚木ディストリビューションセンターの計画概要
建設地:神奈川県厚木市下衣知字中河原673-1他
開発敷地面積:1万1961.53m2
用途地域:市街化調整区域
建物構造:鉄骨造(予定)
階数:地上2階
延床面積:1万890.00m2(予定)
着工時期:未定
竣工時期:未定

最新ニュース

物流用語集