人手不足倒産/累計7年間の業種では「道路貨物運送」74件で最多

2020年01月09日 

帝国データバンク(TBC)は1月9日、「人手不足倒産」の動向調査(2019年1~12月)を発表した。

<年別、人手不足倒産の件数>

年別、人手不足倒産の件数

<業種細分類別の上位(2013~19年、7年間累計>

業種細分類別の上位(2013~19年、7年間累計

それによると、2019年1~12月の人手不足倒産は185件発生し、前年比20.9%の増加。4年連続で過去最多を更新し、右肩上がりの推移が続いた。

調査開始以降7年間における業種細分類別では、「道路貨物運送」が74件で最多。このうち、2019年は28件(前年比21.7%増)。トラックドライバーを確保できず、受注難から資金繰りの悪化を招き、倒産に至るケースが増えた。

なお、2019年だけでは、「サービス業」が54件を占め最多。「建設業」(49件)がこれに続き、この2業種で全体の過半を占めた。運輸・通信業は33件で、業種別では3番目に多い数値となった。このうち、道路貨物運送は28件だった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集