商船三井/ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向け新造LNG船命名

2020年01月09日 

商船三井は1月9日、中国遠洋海運集団との合弁会社が共同発注したLNG船の命名式が、1月8日に中国・上海の滬東中華造船(集団)(Hudong社)で行われたと発表した。

<1月8日に行われた命名式の様子>

1月8日に行われた命名式の様子

<LNG MERAK>

LNG MERAK

「LNG MERAK(エルエヌジー メラク)」と命名されたこの船は、2017年6月末に発表した「ロシア・ヤマルLNGプロジェクト向けLNG船4隻の長期定期貸船契約を締結」の第二船で、昨年10月末に同造船所で竣工した「LNG DUBHE(エルエヌジー ドゥーベ)」の姉妹船。

この船は、当面、欧州の中継港またはShip-to-ship積替え地点から需要地までヤマルLNGプロジェクト産出のLNG輸送に従事する予定だ。

■要目
全長:295.0m
全幅:45.00m
満載喫水:11.50m
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万4000m3
建造造船所:Hudong社
船舶管理会社:MOL LNG Transport (Europe) Ltd.
保有比率:商船三井50%、China COSCO Shipping社 50%

最新ニュース

物流用語集