ESR/アマゾンがESR久喜DCの3~4階7万2000m2で使用開始

2020年01月08日 

ESRは1月8日、埼玉県久喜市に竣工済の4階建てマルチテナント型「ESR 久喜ディストリビューションセンター」(久喜DC)において、アマゾンジャパンと3-4階の全2フロア(延床面積7万2392m2)の賃貸借契約を締結し、2020年1月から使用開始すると発表した。

<ESR 久喜ディストリビューションセンターの鳥瞰>

ESR 久喜ディストリビューションセンターの鳥瞰

<外観>

外観

アマゾンとESRは大阪府藤井寺市のレッドウッド藤井寺ディストリビューションセンターに次いで2件目の契約となり、契約期間は2020年1月1日より2024年12月31日(60か月)。久喜DCはこの契約により稼働率が97%となる。

<エントランスホール>

エントランスホール

<KLÜBB Lounge(ラウンジ)>

KLÜBB Lounge(ラウンジ)

<BARNKLÜBB (託児所)>

BARNKLÜBB (託児所)

ESRは「HUMAN CENTRIC DESIGN.(人を中心に考えたデザイン)」を基本理念に物流施設を開発しているが、久喜DCも働く人々にとり、快適な環境を提供するため、デザイン性の高いラウンジやショップ、託児所施設を完備している。2019年の夏休みにはテナント企業の従業員の児童を対象に英語も学べる「ESR 学童スクール」を無料で開講した。

また、久喜DCは環境保護の施策として、全館LED照明を採用、太陽光発電システム(PCS 出力量1.69MW)や敷地の緑化などに取り組むことでCASBEE*Aランクも取得。久喜市と災害時に地域住民の一時避難場所として使用してもらう災害協定を結んでおり、所有していた一部の土地を久喜市に寄付し地域住民のための公園・緑地として活用してもらうなど、地域社会や地球環境との調和にも取り組み、新たな雇用創出、地域経済の活性化にも貢献している。大学跡地という安心できる場所で、貯水池も併設、非常用発電機などテナント企業のBCP対策(事業継続計画性)に配慮した取り組みも行っている。

ESRのスチュアート・ギブソンCEOは「今回、アマゾンが入居することになった久喜DCは我々が自信を持って開発した物件。近年、Eコマースの急速な伸びを支える物流のバリューチェーンの変革に伴い、首都圏では戦略的な場所でより機能的で高度化された先進的大型物流施設のニーズがますます高まっている。この5年間弊社が開発してきた首都圏の物流施設について挙げれば、竣工後満床稼働するまでの期間が想定より短いことがその証と思っている」とコメントしている。

■物件概要
名称:ESR 久喜ディストリビューションセンター
所在地:埼玉県久喜市上清久字桟敷1000-1
敷地面積: 8万1159m2
延床面積:15万1501m2
用途地域:市街化調整区域(都市計画法第29 条の開発許可取得済み)
構造:地上4階建・ダブルランプ式マルチテナント型
竣工日:2018年9月30日
アクセス:(車)2.5km 東北自動車道「久喜IC」
5.0km 圏央道「白岡菖蒲IC」
0.1km 県道12 号川越栗橋線
(電車)3.3km JR 東北本線・東武伊勢崎線「久喜駅」
2.4km 東武伊勢崎線「鷲宮駅
人材確保:バス運営3社・停留所7か所利用可能、久喜駅からバス6~8分
人材定着:周辺にコンビニ・ショッピングモール、自転車通勤可能エリア

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集