NSユナイテッド海運/40万重量トン型鉱石運搬船竣工

2019年12月27日 

NSユナイテッド海運は12月26日、ジャパン マリンユナイテッド有明事業所において建造中だった40 万重量トン型鉱石運搬船「NSU CARAJAS」が竣工したと発表した。

<試運転のNSU CARAJAS>

試運転のNSU CARAJAS

本船は、日本で建造され、国内の海運会社が運航する、初の40 万重量トン型鉱石運搬船(いわゆる
:ヴァーレマックス)となる。

ブラジル産鉄鉱石運搬専用船として船型の最適化が実施され、随所に省エネ技術や環境負荷低減技術が結集された次世代ヴァーレマックス。

2020年1月から世界全域で施行されるSOx排出規制に対応するため、エンジンから排出されるガスから硫黄酸化物を除去するスクラバーを搭載している。

竣工後、ブラジルの資源大手であるVale 社との長期輸送契約のもと、同社向けのブラジルー中国間の鉄鉱石輸送に従事する。

■NSU CARAJASの主要目
全長:361.0m
全幅(型):65.0m
型深:30.2m
満載喫水(型):23.0m
載貨重量トン数:399,688mt
総トン数:197,453
ホールド/ハッチ数:7HATCH/7HOLD
船級:NK
船籍:Liberia

最新ニュース

物流用語集