中央魚類/50億円投じ、東京都中央区に配送センター建設

2019年12月27日 

中央魚類は12月27日、東京都中央区豊海地区(東京都中央区豊海町6、7)に水産物の配送センター「豊海配送センター(仮称)」を建設する。

豊洲市場(東京都江東区豊洲)に近接し、効率的に水産物等の一時保管、仕分け、配送ができる機能を備えた物流拠点として、敷地面積6177m2、延床面積1万1880m2の規模で、建設費約50億円を投じる。

2020年6月着工、2021年10月完成の予定。

なお、建設主体は、同社が主体で今後設立する新会社(仮称:豊海)。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集