NEDO等/離島間物流実現へ、三河湾上で無人航空機を試験飛行

2019年12月25日 

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)、SUBARU、日本無線、日本アビオニクス、三菱電機、自律制御システム研究所は12月25日、愛知県の三河湾海上で無人航空機の緊急時における自律回避技術の実証実験を行ったと発表した。

<飛行実証試験のルート>

<緊急事態発生時の自律的経路変更のイメージ>

実験は、愛知県豊川市御津と田原市白浜を結ぶ湾上の経路で、12月16~24日にかけて実施。

準天頂衛星システムからの信号を受信する測位受信機を搭載した中型の無人航空機を使用し、離島での無人航空機の運用を想定して、飛行中に故障や燃料残量の減少、悪天候を検知した場合、無人航空機が自らの判断で経路を変更し、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行する機能の実証を行った。

その結果、故障や燃料残量の減少、悪天候の情報によって無人航空機が事前にプログラムされた飛行経路から自律的に経路を変更し、準天頂衛星システムを利用した高精度測位情報を用いて、事前に設定された緊急着陸地点まで飛行することを確認した。

今回の実験は、NEDOが推進する無人航空機の社会実装に向けたプロジェクトの一環。この自律回避技術が実用化されることで、離島間物流のように、地上と無人航空機間の通信インフラが十分に整備されておらず、緊急時の回避経路の指示などの地上からの支援が受けられない状況下でも、無人航空機を安全に運用することが可能になる。

最新ニュース

物流用語集