オープンロジ/PayPayモールとAPI連携、物流管理業務の負担軽減

2019年12月25日 

オープンロジは12月25日、ヤフーが運営する「PayPayモール(ペイペイモール)」とのAPI連携に対応したと発表した。

<今回の連携で実現すること>

今回の連携で実現すること

PayPayモールとAPIによるシステム連携に対応したことから、商品の保管・発送代行サービスの利用に必要な物流管理業務を自動化、PayPayモール出店者は、追加料金なしで業務の手間の削減が可能となった。

API連携によりできるようになることは、商品情報連携では、1クリックでPayPayモール上の商品情報をオープンロジに連携。自動更新も可能。

入庫情報の自動反映では、倉庫で商品の入庫が完了したら、PayPayモール上の在庫情報を自動で更新する。

発送業務の自動化では、PayPayモールの受注情報を自動でオープンロジに取り込み出庫依頼が可能に。倉庫から発送完了後、配送会社の問い合わせ番号を含む発送完了情報を自動で連携する。

これまでに受注一元化サービスのネクストエンジン、およびEC運用支援サービスのSTORES.jp、ECモールのYahoo!ショッピング、ebayとAPI連携し、商品情報を1クリックでオープンロジに連携でき、商品の発送まで自動化できるサービスを提供してきた。

Yahoo!ショッピング出店者向けには、2018年6月から連携サービスを提供してきたが、このほど、Yahoo! JAPANの定める出店基準を満たした店舗のみが出品できるプレミアムなECモール「PayPayモール」とのAPI連携に対応したもの。これにより、「PayPayモール」出品者も、オープンロジへの商品登録から発送依頼までの物流管理業務を自動化するサービスを追加料金なしで、利用できるようになった。

<連携機能のフロー図>

連携機能のフロー図

■利用希望
https://business-ec.yahoo.co.jp/commerce_partner/biz-apps/143/

最新ニュース

物流用語集