日通総研/2020年度の国内貨物輸送、景気悪化で3%台の大幅減

2019年12月24日 

日通総合研究所は12月24日、「2019・2020年度の経済と貨物輸送の見通し」を発表した。

<経済活動と輸送量>

<品類別輸送量の推移>

それによると、国内貨物輸送は2019年度通期で0.7%減、2020年度は3.2%減と、マイナス幅が拡大する見通しで、消費増税に伴う消費者心理の冷え込みや、国内外での景気低迷による設備投資マインドの低下を大幅な落ち込みの要因として挙げている。

消費関連貨物は、2019年度は0.1%増とプラスを維持するものの、2020年度は3.9%減と大幅に減少。生産関連貨物は、2019年度は1.1%減、2020年度も3.6%減と低調な推移が続く。

建設関連貨物は、2019年度は0.9%減、2020年度は2.2%減に。雑貨輸送量は、2019年度は0.2%減、2020年度は3.9%減とマイナス幅拡大する見通し。

<鉄道(JR)輸送量の推移>

鉄道輸送については、大規模自然災害に伴う落ち込みの反動を受けてJRコンテナは2019年度3.7%増、2020年度1.3%増と、増加が続く見通し。車扱については、2019年度0.3%増、2020年度0.6%減と、ともに小幅な動きとなる。

<自動車輸送量の推移>

<特別積合せトラック輸送量の推移>

自動車輸送の営業用自動車については、2019年度が微増(0.1%増)となるも、2020年度には個人消費の低調に伴い3.7%減と2年ぶりのマイナスへ反転する見通し。

特別積合せ貨物(24社分)は、個人消費のマイナスや設備投資の減速などを受け、2019年度が1.9%減、2020年度も2.1%減と、不振が続く。

<内航海運(営業用)の品目別増加寄与度>

内航海運については、石油製品、鉄鋼などの不振から輸送量は2019年度2.2%減、2020年度3.0%減と減少が続く。生産関連貨物は2019年度、2020年度とも大幅減。建設関連貨物は、2019年度に4%弱増加した後、2020年度は一服感もあり1%台半ばのマイナスへ反転を予測している。

<国内航空貨物の品類別重量構成>

国内航空については、景気低迷の中で2019年度は3.7%減、2020年度も2.3%減と水面下の推移が続くとしている。

また、国際貨物輸送に関しては、外貿コンテナ貨物が米国・EU向けや中国向けの減少で2019年度に4.2%減となる一方、2020年度は世界経済の減速感が一服し、1.0%の増加と2年ぶりにプラスへの転換を見込んでいる。

輸入は主力の消費財が低調で、2019年度0.3%減、2020年度0.4%減と、小幅ながら2年連続のマイナスに。

<国際航空貨物輸送量の推移>

国際航空輸送は、輸出が2019年度21.3%と大幅に減少するものの、2020年度は反動減の一巡や半導体関連の回復により0.6%増とプラスに転じる見通し。輸入は消費財の荷動きが減速し、2019年度4.7%減、2020年度1.4%減と前年度水準割れの見通し。

最新ニュース

物流用語集