日本トランスシティ/ベトナム現地法人が1.5万m2新倉庫建設

2019年12月24日 

日本トランスシティは12月24日、アジア域内の物流ネットワーク拡充を図るため、現地法人Trancy Distribution (Vietnam)が、ベトナム国ハイズン省に新保税倉庫を建設すると発表した。

<完成予想図>

日本トランスシティ
日本トランスシティ

新倉庫は平屋建てで、倉庫部分の延床面積は1万4700m2。2020年2月に着工し、同9月に竣工を予定している。同社グループ初のベトナムでの自社倉庫建設となり、総額7億円を投じて建設する。

建設地は、ダイアン工業団地内に立地しており、稼働後は自動車用部品の入出庫や保管作業、その他付随業務を提供する予定。

■Trancy Distribution (Vietnam)の新倉庫
建設地:ベトナム国ハイズン省(ダイアン工業団地)
LOT NQ, Dai An IP, National Road No.5, Tu Minh,Hai Duong,Vietnam
敷地面積:2万8942m2
構造:鉄骨造 高床式平屋建
延床面積:(倉庫)1万4700.84m2
(事務所棟)368.64m2
倉庫設備:ドックレベラー14基、昇降用スロープ2か所、非常用自家発電設備、LED照明、機械警備、監視用カメラ35台
事業内容:自動車用部品等の入出庫・保管作業および付随する業務
着工:2020年2月
竣工:2020年9月
総投資額:1478億VND(7億円)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集