NEXCO中日本/後続車隊列走行システム普及へ、大規模物流拠点

2019年12月20日 

NEXCO中日本は12月20日、国土交通省が策定した「高速道路における安全・安心基本計画」を踏まえて策定した「高速道路における安全・安心実施計画」の中で、トラック後続車無人・有人隊列走行システムの実現に向けた取組内容を発表した。

後続車無人隊列走行の実現に向けたインフラ整備として、新東名「御殿場JCT~浜松いなさJCT間(145km)」について2020年度から、新名神「亀山西JCT~大津JCT間(40km)」は2022年度から順次開通を目指す。その他の新東名・新名神の区間でも6車線化の調査・設計を進める。

また、後続車有人・無人隊列走行システムの商業化に向けた課題解決のための取り組みも関係主体とともに推進。2020年度を目途に、新東名(静岡県区間)で、LED情報板やランプメータリングなどの合流制御方法の実証実験を行い、本線合流部での安全施設の整備やGPS精度の低下対策について関係機関と連携し検討を進める。

2020年内には、新東名の浜松SA、駿河湾沼津SAで隊列形成・分離スペースの試行検証を行い、新東名(静岡県区間)を中心に、実証環境の整備について検討する。加えて、既存休憩施設を活用した物流拠点や高速道路に直結する物流拠点に関する検討も推進する。

さらに、今後の新しい物流システムの普及に合わせて、関東と中京圏付近の大規模な物流拠点の整備や、東京~大阪間の新東名・新名神などの専用レーン化などインフラ面の環境整備について、関係者と連携して検討を進めるとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集