SGホールディングス/中国で3PL強化、現地企業を子会社化

2019年12月20日 

SGホールディングスは12月20日、佐川グローバルロジスティクス(SGL)を通じて、中国上海を拠点とする物流企業「上海虹迪物流科技股份(RUNBOW社)の株式70%を、2020年3月31日付で取得すると発表した。

RUNBOW社は、上海・成都・武漢・西安・天津・瀋陽に物流拠点を有しており、アパレル・ケミカル業界を中心に世界的大手企業と強固な顧客関係を築いている。

SGホールディングスは、中期経営計画でグローバルネットワークの強化を進めており、中国国内に3PL・配送ネットワークを有するRUNBOW社をグループ化することで、東アジアでの事業拡大を図る。

今後、RUNBOW社には、SGホールディングスグループが国内事業で培った3PL事業における倉庫オペレーションの改善手法や、WMS(倉庫在庫管理システム)、省人化・自動化などのソリューションノウハウを導入していく予定。

それにより、既存取引先に対してより良質なサービスの提供が可能になるほか、中国に進出している日系企業に対しては、効率的な物流サービスの提案が可能になる。さらに、RUNBOW 社のネットワークとSGホールディングスグループが連携することで、中国市場の提案領域を拡大し、一貫物流でも相乗効果を見込んでいる。

■上海虹迪物流科技股份(RUNBOW社)
所在地:上海市閔行区新源路1356弄1-7号2幢 B208
事業内容:法人向け物流業務受託事業
資本金:RMB 75,000,000
設立:2006年1月

最新ニュース

物流用語集