Yper/大手配送会社と大阪1000世帯で置き配実証実験

2019年12月20日 

簡易宅配ボックス「OKIPPA」を手がけるYperは12月20日、八尾市グリーン交通・配送推進協議会と協議会委員である大手配送会社の配送協力のもと、大阪府八尾市でOKIPPAを用いた宅配の実証実験を実施すると発表した。

<実験モニターとして1000世帯を募集する>

置き配

実験は、同市全域を対象に2020年1月20日~2月16日にかけて実施。

八尾市在住のモニター1000世帯に抽選でOKIPPAを無償配布し、簡易宅配ボックスを使った再配達防止が可能な方法の周知を図るとともに、地球温暖化の原因であるCO2削減効果の把握を目指す。

■実証実験の概要
場所:八尾市全域 
期間:2020年1月20日~2月16日(予定)
モニター応募受付期間:12月20日~1月8日
主な応募条件:大阪府八尾市に在住の方
月に2~3回以上、通販等により購入した商品を宅配便で受け取っていること
オートロック環境の住居に住んでいないこと
OKIPPAを転売・譲渡等しないこと
実証実験参加規約に同意すること

■実証実験モニター応募先
https://www.okippa.life/poc-20200120_yao/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集