川崎汽船/世界初液化水素運搬船の実証試験に運航支援で協力

2019年12月19日 

川崎汽船は12月19日、豪州の未利用褐炭から製造されたCO2フリー水素を液化し、日本へ輸送する国際的なサプライチェーン構築に向けた実証事業に取り組む「技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)」に、液化水素運搬船の運航支援を行う企業メンバーとして参画したと発表した。

<液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」>

12月11日に川崎重工神戸工場で進水した液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」の国内運航試験(実証試験)に協力し、安全運航・管理技術を提供する。

HySTRAは、将来の安価で安定的なCO2フリー水素の供給に向け、「褐炭からの水素製造」「液化水素の長距離大量輸送」「液化水素荷役」という製造、輸送・貯蔵、利用に至るサプライチェーンで必要となる技術の確立と実証を目的として、2016年に結成。

川崎汽船のほか、岩谷産業、川崎重工業、シェルジャパン、電源開発、丸紅、JXTGエネルギーが組合員として参画しており、現在、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受け、パイロット実証に取り組むとともに、2030年頃の大規模社会実装に向けた商用化検討を進めている。

■液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」
全長:116.0m
全幅:19.0m
深さ:10.6m
定員:25名
船籍:日本   
国際総トン数:8000トン
航速:13ノット
喫水:4.5m
タンク容量:1250CBM
造船所:川崎重工業

最新ニュース

物流用語集