塩野義製薬/ホワイト物流、「発注量の平準化」等6項目取組む

2019年12月19日 

塩野義製薬は12月19日、国土交通省などが推進する「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、12月4日に自主行動宣言を提出したと発表した。

取り組み項目は、「物流の改善提案と協力」「パレット等の活用」「リードタイムの延長」「発注量の平準化」「物流システムや資機材の標準化」「異常気象時等の運行の中止・中断等」の6項目。

「リードタイムの延長」では、トラック運転者が適切な休憩を取りつつ運行できるよう、発荷主としての出荷予定時刻を厳守するほか、着荷主として幅を持たせた到着時刻を認めることなどにより、十分なリードタイムを確保する。

「発注量の平準化」では、曜日波動や月波動などの繁閑差を平準化し、荷待ち時間の短縮や、運行効率の向上を図る。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集