トピー工業/搬送支援AGVリモートを日通の物流現場に導入

2019年12月19日 

トピー工業は12月19日、独自開発した、クローラー式搬送支援AGVリモート「セキシュウ・クローラー」が、日本通運の物流現場に導入されることになったと発表した。

<セキシュウ・クローラー紹介ビデオ 提供:トピー工業>

<セキシュウ・クローラー>

セキシュウ・クローラー

日通は、実際の現場で「セキシュウ」による実証実験を行い、ロールボックスパレット搬送作業時の安全確保及び労働負荷軽減等、物流現場の課題解決が期待できる成果が確認できたことから、導入を決定したもの。

「セキシュウ」は、クローラー式ならではの段差乗り越えや悪路の走破に高い性能を発揮する。また、ロールボックスパレットの運搬機能や、前後左右に移動可能な足回りを生かし、狭いスペースで小回りが利く特長もあり、物流や建設分野を中心に需要が増加している。

リモート「セキシュウ」は、高齢作業者や女性作業者でもリモートコントロールで重量物の搬送を行うことができる。このモデルの開発においては、物流に精通した日通ならびに日通商事に実証実験の支援を受け、物流現場に強い仕様となっている。

トピー工業は、日通と協力し、現場での活用を通じて今後も「セキシュウ」の現場対応機能向上に向けた研究開発を進めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集