商船三井/相模女子大小学部の課外授業に航海士派遣

2019年12月18日 

商船三井は12月18日、相模女子大学小学部4年生の課外授業に、航海士を講師として派遣したと発表した。

<航海士の話に耳を傾ける児童たち>

課外授業

課外授業は、横浜港をのぞむ波止場会館で12月13日に実施。4年生の生徒約70名に対して、海運業や船員の仕事について講義した。

講義では、船の種類や役割、航海士・機関士の仕事などについての説明。中でも児童たちが興味を示したのは乗船中の生活などに関する内容で、乗船中に見ることができる星空や、海洋生物、海の風景写真に目を輝かせたほか、海賊が実在するという話に興味津々だった。

また、児童たちは横浜港についての事前勉強で多くの質問を用意して参加しており、好奇心旺盛な児童たちとのやりとりに、講義を行った航海士本人も嬉しいひと時となった。

商船三井は、海運業の重要性を紹介するため積極的に教育支援活動に関わっており、同校への講師派遣は2016年度から4回目。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集