ナビタイム/運行管理サービスの巡回経路検索を強化

2019年12月17日 

ナビタイムジャパンは12月17日、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」の巡回経路検索を強化し、複数の時間帯を到着希望時間に指定した配車計画を可能にした。

<巡回経路検索(管理者用画面)>

ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション

<巡回経路検索(ドライバー用画面)>

ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション

<強化した機能の使用例>

巡回経路検索では、配車計画の際、到着希望時間を訪問先ごとに指定すると、全ての訪問先までの経路や時間を最適化した経路検索が可能だが、今回、この機能を強化し、複数の時間帯を到着希望時間として指定できるようにした。

これにより、訪問先ごとに到着希望時間を指定した効率の良いルートを自動で検索できるようになるため、運行管理者は希望通りに配送可能な運航計画を簡単に作成することができるほか、ドライバーは運航計画に沿った配送を行うことで、時間通りに荷物を運ぶことができるようになる。

また、今回は巡回経路検索の強化に加え、指定可能な時間幅も拡大。指定可能枠を2時間から24時間に拡大したことで、より要望に沿った経路を提供できるようになり、例えば、昼休みの時間や業務ピーク時間を避けて、その前後を時間指定する、などといったことが可能になった。

一方、指定時間帯の拡大に伴う検索データ量の増大に対しては、処理速度が遅くならないよう、独自技術によるデータ処理の高速化を実現。30地点を巡回する個人宅への配送を想定した実証では、1か所も時間指定をしなかった場合と、30か所全てを指定した場合とで、ルート検索時間の差は0.5秒程度に留まっている。

<ビジネスナビタイム事業部の大和谷マネージャー>

大和谷 洋史

ビジネスナビタイム事業部の大和谷 洋史マネージャーは「ナビタイムでは、顧客の声をサービスに反映させ、常に機能を改善している。今回の機能強化は、小売店舗向けの低温配送を手掛ける物流企業の要望が元になって実現したもの。配送先の店舗ごとに到着時間が指定されるものの、それらの時間が同じ時間帯に集中していて、最適な配送経路を作成するのに手間がかかっていた。このように、業態や荷物の内容によっては、どうしても特定の時間帯に希望時間が集中することがある。それを与えられた人数でどのように配送して回ることができるのかを考えた場合に、今回加わった機能を有効に使ってもらえると考えている」とコメントした。

最新ニュース

物流用語集