日通/上海海事大学への奨学金授与式を実施

2019年12月17日 

日本通運は12月17日、現地法人の日通国際物流中国と上海通運国際物流が、12月2日、上海海事大学において奨学金授与式を実施したと発表した。

<上海海事大学での記念撮影>

上海海事大学での記念撮影

奨学金授与式は同大学で行われ、東アジアブロック地域総括の杉山常務執行役員は、11月に上海で開催された「第2回 中国国際輸入博覧会 」に出展し多くの来場者の方に好評を得たこと、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送サービス、上海からシンガポールの約7000キロを結ぶクロスボーダートラック輸送サービスSS7000やアジアからアフリカ地域への進出など、同ブロック地域での取り組みを学生に紹介した。

また授与式終了後の交流会では、学生 から多くの質問が寄せられ、活発な意見交換が行われた。

上海海事大学は1912年に設立された吴淞商船学校を前身とした、中国国内屈指の海事大学。同大学の交通輸送学部は、中国の大学で最も早く交通輸送関連学科を設立した学部で、交通輸送、航運管理、物流管理、交通工程の4つの学科を設置している。

日通国際物流(中国)と上海通運国際物流は、2016年1月から「日通奨学金」を設立し、同大学と10年間に渡り奨学金を提供する協議書を取り交わした。

今回は設立から4年目にあたり、同大学の3年生を対象に、本年10月末から学校側の審査を経て、優待生10名を選出したもの。

最新ニュース

物流用語集