豊田通商/カンボジア進出企業に物流・通関サービス提供

2019年12月16日 

豊田通商は12月16日、100%子会社Techno Park Poi Pet(TPO) がSanco Cambo Investment Groupと、カンボジアのポイペト市でテクノパーク第二期レンタル工場の建設を開始したと発表した。

<位置図>

新工場は、Sanco Cambo Investment Groupが運営するSanco Poipet SEZ(経済特区)において、稼働中の第1期レンタル工場(営業開始2016年9月)に隣接して建設する。総面積は8000m2で、2020年8月に営業を開始する予定。

Sanco Cambo Investment Groupが建設し、TPOは進出を希望する日系企業の誘致や、工場の運営・管理サービスを提供するほか、人材派遣・教育や、物流・通関サービス、受託製造などのサービスの拡充によって進出企業を支援する。

ポイペト市は、タイとの国境に位置し、バンコクの中心部から230km(車で4時間)の距離にある「タイプラスワン」の生産拠点としても注目されている都市。カンボジアでは、年7%の高い経済成長率が続いており、今後も労働人口の増加が予想されることから、日系企業を中心に製造業などの進出が期待されている。

■第二期レンタル工場概要
団地名称:Sanco Poipet SEZ(サンコーポイペト エスイーゼット)
所在地:カンボジア バンテアイミエンチェイ州 ポイペト市
事業内容:進出支援
レンタル工場運営・管理
人材派遣・教育サービス
給食提供および人事総務/経理/財務などの事務系サービス
物流・通関サービス
受託加工サービス
総面積:8000m2
建設開始:12月
営業開始:2020年8月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集