日清食品/ホワイト物流推進運動に賛同、自主行動宣言提出

2019年12月16日 

日清食品は12月16日、国土交通省、経済産業省、農林水産省が進めている「ホワイト物流」推進運動の趣旨に賛同し、持続的、安定的な物流の実現に向けた自主行動宣言を提出したと発表した。

同社は、物流パートナー各社、取引先との相互理解と協力のもとで、サプライチェーン全体の生産性向上を目指し、持続可能な物流を実現していくとしている。

日清食品の自主行動宣言の取り組み項目は、リードタイムの延長(「翌々日配送」の通年化により車両確保に時間猶予ができ、効率的な出荷作業を実現)、パレットなどの活用(トラック幹線輸送のパレット化、積み込み/荷降ろし時間を短縮)、トラック予約受付システムの導入(直轄工場にシステムを導入し車両待機時間を短縮)、荷主側の施設面の改善(パレット対応専用設備を工場出荷口に設置し、積み込み時間を短縮)、物流の改善提案と協力(物流パートナーとの協議、倉庫拠点配置の最適化を実施)を挙げている。

なお、日清食品が物流効率の向上に向けたこれまでの主な取り組みには、2017年6月に北海道帯広エリアでサントリーホールディングスとの共同配送を開始、2018年1月には年間を通じた「翌々日配送」を開始。2018年10月 には直轄4工場(関東、静岡、関西、下関)でトラック幹線輸送のパレット化を完了している。

最新ニュース

物流用語集