日本郵船/ブラジル・ペトロブラス向け4基目のFPSO事業参画

2019年12月13日 

日本郵船は12月13日、三菱商事とともに、SBM Offshore社が6月にブラジル国営石油会社Petróleo Brasileiro S.A.から受注したFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)1基の長期用船およびオペレーション・メンテナンス・サービス事業に出資参画する契約を締結したと発表した。

<FPSOの参考写真(Cidade de Saquarema)>

FPSO

用船期間は22年6か月。

日本郵船では、今回初めてFPSOのEPC (Engineering, Procurement and Construction、設計、資材調達および建造)フェーズに技術者を派遣し、新分野での技術習得を図るほか、すでに出資参画している3基同様、陸上操業事務所に人員を派遣して操業にも携わる。

今回のFPSOは、船体の建造と船上プラント機器の搭載工事を終えた後、「FPSO SEPETIBA (セペティバ)」と命名され、2022年に竣工後、ブラジル沖合のMero油田に投入される予定。

■FPSO SEPETIBA
原油生産能力:18万バレル/日
ガス生産能力:1200万m3/日
原油貯蔵能力:140万バレル
水注入処理能力:25万m3/日
係留方式:スプレッド・ムアリング方式
出資比率:SBM64.5%、三菱商事20%、日本郵船15.5%
用船期間:22年6か月

最新ニュース

物流用語集