日本プロロジスリート投資法人/2物件の優先交渉権を取得

2019年12月13日 

日本プロロジスリート投資法人は12月13日、スポンサーであるプロロジス・グループの関係会社から、新たな物流施設2物件の取得に係る優先交渉権を取得したと発表した。

優先交渉権取得物件は、プロロジスパーク千葉2(竣工年月:2020年11月、延床面積:6万8211.61m2、取得先:白馬特定目的会社)とプロロジスパークつくば2(竣工年月:2020年9月、延床面積:11万1757.99m2、取得先:榛名特定目的会社)。

この物件の取得に係る優先交渉権を取得したが、物件の取得価格及び取得時期等は、本日現在、未定。物件の取得にあたっては、必要なデューデリジェンスを行った上で、プロロジス・リート・マネジメント(本資産運用会社)の利害関係人等取引規程に基づき意思決定を行う。

また、投資法人が、必ずしも本物件を取得するとは限らない。

■プロロジスパーク千葉2
物件名称:プロロジスパーク千葉2
所在地:千葉県千葉市稲毛区
物件タイプ:マルチテナント型
計画敷地面積:3万176.41m2
計画延床面積:6万8211.61m2
計画構造・階数:鉄筋コンクリート造4階建
竣工年月:2020年11月(予定)

■プロロジスパークつくば2
物件名称:プロロジスパークつくば2
所在地:茨城県つくば市さくらの森
物件タイプ:ビルド・トゥ・スーツ型
計画敷地面積:4万9586.84m2
計画延床面積:11万1757.99m2
構造・階数:鉄骨造4階建
竣工年月:2020年9月(予定)

最新ニュース

物流用語集