ヤマト運輸/台風19号での被災地の復旧・復興に2.6億円寄付

2019年12月13日 

ヤマト運輸は12月13日、「令和元年台風19号」の被災地の復旧・復興への支援を目的に、ヤマトグループを代表して、総額2億6000万円を寄付すると発表した。

関東甲信越から東北地方を襲った災害が被災地の生活・産業・文化等に深刻な影響を及ぼし、国から「激甚災害」に指定されたことを受け、長年に亘り 「宅急便」を育てていただいた恩返しと被災地の早期復旧・復興を目的に、特に被害が甚大な13県に寄付することにしたもの。

寄付金額は各県2000万円、総額2億6000万円となる。

寄付先は、岩手県、宮城県、福島県、 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、 新潟県、 山梨県、長野県、静岡県。

最新ニュース

物流用語集