CBRE/東京倉庫の物流施設開発プロジェクトをサポート

2019年12月13日 

CBREは12月13日、東京都競馬のグループ会社として倉庫賃貸事業を営む東京倉庫のマルチテナント型物流施設の開発をサポートし、プロジェクトが完了したと発表した。

<東京倉庫の外観>

東京倉庫の外観

<稼働した東京倉庫の内部の様子>

稼働した東京倉庫の内部の様子

<東京倉庫の内部の様子>

東京倉庫の内部の様子

CBREは、2017年2月に東京倉庫より、物流施設開発に関するアドバイザリー業務とコンストラクションマネジメントを受託。このプロジェクトの実施により、千葉県習志野市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「習志野茜浜倉庫」は、2019年1月に完成した。

CBREは、開発に関するアドバイザリー業務およびコンストラクションマネジメントにおいて、クライアントが目指す安定性の高い収益を確保するため、CBREが保有するマーケット調査、開発、設計、建設に関するノウハウを組み合わせ、クライアントのニーズに合わせた開発プランを提案し、プロジェクト遂行に貢献した。

プロジェクトを統括した東京倉庫の萬場章弘常務取締役は、「施設開発にあたり、建設用地周辺には既にいくつかの競合施設が存在したため、CBREには、それらの設備の内容や賃料を考慮しながら、スケジュールとコスト、クオリティとグレードの最適なバランスを持った施設を導き出してもらった。テナントには竣工前に日本通運の1社が1棟借りで決まり、予定通り、2019年4月に稼働を開始することができた。これもひとえにCBREに施設開発を全面的に監修してもらったおかげと感謝している」と述べている。

また、CBREアドバイザリー&トランザクションサービス インダストリアル営業本部 首都圏営業部の小出祐也氏は、「クライアントが目標とする、長期的に安定保有できる汎用性のある施設を構築するため、CBREのノウハウと経験を結集した。コンストラクションマネジメントの部門とも密に連携を取りながら、プロジェクトを進めた。過去の開発案件から、1棟貸しとマルチテナント型の双方に対応できる施設のあり方も熟知していたため、クライアントの意向を伺いながら、さらに柔軟性の高い選択肢として、複数の面積帯に対応可能なフロア構成案を提案し、クライアントのビジネス戦略に沿った最適なソリューションを提供することができた」と話している。

■プロジェクト概要
企業名:東京倉庫
施設:習志野茜浜倉庫
所在地:千葉県習志野市茜浜 2-7-1
    JP 京葉線新習志野駅 徒歩 3 分
    東関東自動車道湾岸習志野 IC 1.6km
竣工:2019年1月
規模:地上4階建
敷地面積:約1万7160m
延床面積:約 3万8280m2
CBRE業務:物流施設開発アドバイザリー
     コンストラクションマネジメント

最新ニュース

物流用語集