富士物流/17億円投じ、三重県四日市市に1.2万m2物流施設建設

2019年12月12日 

富士物流は12月12日、三重県四日市市の「三重物流センターC棟」を建て替えると発表した。

<竣工イメージ>

富士物流

17億円を投じ、地上3階建て延床面積1万2000m2の新棟を建設する。このほど旧建物の解体を完了し、12月3日に新棟の建設に着手した。竣工は2020年8月を予定している。

富士物流は、三重物流センターを起点に保管・配送や工場内物流などの3PLサービスを四日市やその周辺エリアに提供している。新棟の建設で、同エリアでの事業拡大と、物流効率化をはじめとした顧客ニーズへの対応を図る。

■三重物流センターC棟
建設地:三重県四日市市富士町2576
敷地面積:5999.40m2
構造:鉄骨造3階建て
延床面積:1万1929.60m2
設備:空調設備、セキュリティ設備、LED照明
投資額:17億円
着工:12月3日
竣工:2020年8月(予定)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集