商船三井/次世代石炭船「EeneX」2隻発注

2019年12月12日 

商船三井は12月12日、次世代石炭船「EeneX」(イーネックス)2隻を、大島造船所へ発注したと発表した。

<EeneX次世代石炭船外観モデル>

EeneX次世代石炭船外観モデル

<内観モデル>

内観モデル

「EeneX」は、国内電力会社向け石炭輸送の最適船型を追求し設計に至ったもので、今回発注した2隻は竣工後、それぞれ電源開発および北陸電力との輸送契約のもと、両社向け海外炭輸送に貢献していくとしている。

EeneXは、貨物ホールドにダブルハル構造を採用、貨物ホールドの形状にセミボックスシェイプ型を採用、貨物ホールドのバラスト水兼用ホールドを廃止するなどの特徴を持つ。

またEeneXは、当社石炭輸送の中心的役割を担う船型として、今後も継続的に発注していく予定だ。

■EeneX次世代石炭船概要
全長:約235m
全幅:約38m
型深:約20.05m
載貨重量トン:約8万9900MT

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集