JPR、サッポロ、エバラ/岡山と大分・福岡間の共同輸送開始

2019年12月11日 

日本パレットレンタル(JPR)とサッポロホールディングス、エバラ食品は12月11日、3社共同で、岡山エリアと大分・福岡エリア間の協働輸送を開始すると発表した。

<取り組み概要・運行ルート図>

取り組み概要・運行ルート図

積載対象商品は、JPRが物流機器(輸送用レンタルパレット)、エバラ食品が加工食品、調味料、サッポロホールディングスが酒類、飲料となっている。

2019年7月からのテスト期間では、大分から岡山そして福岡に戻るルートを3日でラウンド運行し、行き荷・帰り荷ともに固定化させることで実車率99%以上を実現した。これにより、個社単位での輸送時より、全体でCO2排出量を約15.2t低減させることができた。今回の取り組みにより、輸送の効率化を最大化するとともに、環境負荷低減を実現する。

また、運行ルート、運行スケジュール、輸送商品、車両を固定化し、フォークリフトによる機械荷役を徹底することで、ドライバーの労働環境改善と作業負荷軽減を図る。運転以外の手荷役等の作業をなくすことで、女性や高齢ドライバーなど幅広い人に活躍してもらえる環境を整える。

従来、3社はそれぞれ片道の輸送を各社で手配し製品を陸送していた。しかし、昨今の少子高齢化、トラックドライバー不足から岡山エリアと大分・福岡エリア間500km以上の片道の運行をそれぞれで確保することが困難になることが予想された。そのため、3社で協業し岡山と大分・福岡エリア間でラウンド運行することで地方の幹線輸送の安定確保を図る。

さらに、岡山エリアと大分・福岡エリア間では海上や鉄道へのモーダルシフトが難しく、現実的にはトラック輸送がほぼ唯一の輸送手段となっている。しかし、安定した物量がないため、1.帰りが空荷になる、2.帰り荷の確保のため大阪エリアなど荷量の多いエリアに移動する必要がある、3.帰り荷が出るまで数日のタイムラグが生じる、等の問題から「輸送の効率化」が課題だった。

現在、3300の法人・63000を超える拠点で年間のべ4500万枚以上のJPRレンタルパレットが利用されている。パレットの動き=荷物の動きを知るJPRが、顧客同士をつなぎ、物流効率化・省力化の提案を行っている。

この案件で、JPRが提案をして顧客同士をつないだ「共同幹線輸送」の事例は3例目となる。JPRは今後も、持続可能な物流網の構築を進めることで、物流業界の抱える課題解決に貢献していくとしている。

最新ニュース

物流用語集