Yper/オートロック付きアパートで置き配バッグの実証実験

2019年12月09日 

置き配バッグ「OKIPPA」を展開するYperは12月9日、スマートフォンで応答・解錠できるエントランスシステム「kit HOME ENTRANCE」を提供するTATERUの子会社Robot Homeと、同システムを活用したオートロック付きアパートでのOKIPPAの実証実験に11月25日から着手したと発表した。

<kit HOME ENTRANCE>

kit HOME ENTRANCE

<OKIPPA>

OKIPPA

実証実験は、東京都板橋区で1月に竣工したオートロック機能付きのアパートで実施。「kit HOME ENTRANCE」および「OKIPPA」のシステム連携に係る技術と、入居者不在時の宅配業者の来訪を想定した簡易配送の運用についてそれぞれ検証する。

「OKIPPA」は一般的な宅配ボックスと異なり、常時スペースを必要としないため、手軽で簡単に設置することが可能。盗難などに対するセキュリティについては「kit HOME ENTRANCE」のアクセス制御により強化することができ、さらに宅配物を同意なく「置き配」されるのが不安な場合は、スマートフォンからの遠隔応答によって宅配業者を確認した上で簡易宅配ボックスでの受取依頼をすることで、安全性を確保することができる。

今後は、今回の実証実験の結果をもとに、「kit HOME ENTRANCE」のアップデートを行い、入居者の利便性とセキュリティの向上を推進。また、宅配ボックスがない物件や、入居者不在時の再配達問題の解決に取り組む方針だ。

「OKIPPA」は、手のひらサイズの置き配バッグ(簡易宅配ボックス)と専用アプリで、宅配の再配達をなくすことができるサービス。「kit HOME ENTRANCE」はスマートフォンから応答・解錠が可能な、集合玄関用のカメラ付きインターフォン。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集