金沢工業大学/離島・山間部の小口輸送向け小型VTOL開発

2019年12月09日 

金沢工業大学は12月9日、工学部航空システム工学科赤坂剛史研究室と情報工学科中沢実研究室が、金沢エンジニアリングシステムズ、組込みシステム技術協会(JASA)と共同で、固定翼を持つ無尾翼小型VTOL(垂直離着陸機)の試作機を開発したと発表した。

<VTOLの試作機>

<試作機のデモ動画>

試作機は、離島や山間部での小口輸送を想定したもの。垂直離着陸のため滑走路が不要で、500gの荷物を3km先まで運べる仕様となっており、トラブル時には安全に着陸できる適用制御も実装している。

今後、金沢工業大学の白山麓キャンパスで実験を重ね、最終的には白山麓での薬の輸送等で活用を目指す。機体の製作レシピは最終的にはオープンソースとして公開することで、産業用国産ドローン市場の育成に寄与する方針だ。

VTOLの開発は、2018年7月にドローンを使った小口輸送の研究に取り組むJASAが金沢工業大学でドローン自作講習会を開催したことが契機となり実現。

航空システム工学科の赤坂研究室が機体の設計・製作、適応制御のアルゴリズム設計を、情報工学科の中沢研究室が適応制御の実装、シミュレーション環境の構築を、金沢エンジニアリングシステムズがドローンの機能安全の制度設計やオープンソース化支援などを、JASAが設計に係る材料・費用等の提供や、機能安全の情報提供などをそれぞれ担当する。

関連記事

最新ニュース

物流用語集