富士フイルム/50億円投じ、富山第二工場内に新工場を竣工

2019年12月09日 

富士フイルム富山化学は12月9日、富山第二工場内に、薬剤を選択的に送達し薬効を高めるリポソーム製剤の新工場(701工場)が竣工したと発表した。

<701 工場の外観>

701 工場の外観

701工場は、国内で初めて商業生産に対応したリポソーム製剤工場で、2020年2月の稼働を予定している。

竣工した701工場は、富士フイルムグループのリポソーム製剤の中核生産拠点で、日・米・欧のGMP基準に対応しているため、グローバルにリポソーム製剤を供給することが可能。

リポソーム製剤は、細胞膜や生体膜の構成成分である有機物のリン脂質などをカプセル状にした微粒子(リポソーム)の中に薬剤を内包した製剤で、有効成分を効率的に患部に届け薬効を高めることができると期待されている。

■701 工場の概要
工場名:701工場
建設場所:富山県富山市千原崎一丁目8番70号(富山第二工場内)
投資金額:約50億円
生産内容:リポソーム製剤の治験薬製造および商業生産
延床面積:約3400m2(地上2階建)
稼働時期:2020年2月

最新ニュース

物流用語集