CBRE/EC専門3PL企業の新物流センター開設を支援

2019年12月06日 

CBREは12月6日、EC物流専門の3PL事業者である関通が兵庫県尼崎市のロジポート尼崎内に開設した新物流拠点の賃貸借を仲介し、プロジェクトが完了したと発表した。

<関通の関西主管センター>

関通関西主管センター

関通は、2009年4月に竣工した地上7階建てのマルチテナント型物流施設「ロジポート尼崎」について、当初に4階ワンフロアのうち約7割のスペースへ入居。その後、約1万1000坪のスペースまで増床し、新たな物流拠点「関通関西主管センター」を構築した。

CBREは、関通から2017年10月に物流拠点開設に関する賃貸借契約の仲介業務を受託。関通の荷主の成長ニーズに対応できるよう、受託案件に応じで段階的に増床が可能となるよう交渉を進めたことで、拠点構築プロジェクト遂行に貢献した。

<WHY?CBRE(関通編)>

プロジェクトを統括した関通代表取締役の達城久裕氏は、「始めは2000坪くらいの一区画からスタートしたが、荷主からこれからの自社の成長に耐えうる物流環境を作りたいという要望が多くなり、これらのニーズに対応すべく、CBREに増床の相談をした。無理難題にもかかわらず、我々の立場に立って親身に対応してもらったおかげで、最終的には1フロア約1万1000坪を契約できた」とコメントしている。

CBRE関西支社 アドバイザリー&トランザクションサービス インダストリアル営業本部の土居里志ディレクターは、「プロジェクトでは、CBREが施設のリーシングやプロパティマネジメント業務を通じて、オーナーとの信頼関係が築けていたため、3PL企業ならではのクライアントの要望に寄り添えた提案が可能となり、成約に至ることができた」と述べた。

■プロジェクト概要
担当部署:アドバイザリー&トランザクションサービス インダストリアル営業本部
企業名:関通
施設:関通関西主管センター
所在地:兵庫県尼崎市扇町20(ロジポート尼崎内)
阪神高速湾岸線「尼崎末広IC」200m
開設:2019年3月
規模:ロジポート尼崎4階ワンフロア約1万1000坪
CBRE業務:施設賃貸借仲介

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集