テラドローン/スタバやKFCも採用の中国製ドローン販売開始

2019年12月06日 

テラドローンは12月6日、中国のドローン物流企業アントワーク社と資本業務提携し、同社との国内独占代理店契約を締結したと発表した。

<ドローンで配達されたKFCチキンを手に持つテラドローンの徳重代表>

テラドローンは、日本国内でアントワーク社のドローン物流システムを本体・ソフトを含めたパッケージ商品として販売するほか、このシステムを活用した食料品の出前サービスを展開する。

また、アントワーク社のドローン物流における技術や知見に、テラドローンのUTM技術(ドローン運航管理システム)、AI技術、SLAM技術などの最先端技術を組み合わせ、より優れたドローン物流システムを共同開発していく。

アントワーク社は、ドローンとAI技術とを融合した全自動物流システムを開発しており、中国・杭州で航空局の許可のもと、都市部での物流(レベル4)を商用目的で実現している。

この物流システムは、7kg、25リットルまでの食料品を、30km以内の距離なら30分以内で配送でき、雨天での配送も可能。これまでに、郵便、宅配、出前、医薬品などのドローン配送を行っており、スターバックスやKFCなどの企業に導入されている。

最新ニュース

物流用語集