DHL/グローバル化が大きく後退する兆候はない

2019年12月06日 

DHLとNYUスターンビジネススクールは12月4日、2019年のDHL国際連結性指数(GCI)の最新版を発表した。

この指標は、資本、貿易、情報、そして人材の国際的な流れにおける重要な進展に重点を当てている。

最新のレポートによると、国際資本フローの縮小により2018年には国際連結性がわずかに低下した。ただし、地政学と貿易における強い逆風にもかかわらず、GCIは2017年の最高記録に近い水準にとどまった。

世界は、歴史上のどの時点よりもつながりが強く、これまでのところグローバル化が大きく後退する兆しはない、としている。

個別にみていくと、「貿易および資本フロー」では、定価はしたが、崩壊の兆候はないとしている。

GCIの最新版が示すように、2018年の米中貿易戦争の初期段階を通じて、貿易の流れは引き続き激しさを増した。しかし、この勢いは、2019年までは及ばなかった。今年前半には、国境を越えて取引される世界の生産量シェアが低下した。

貿易量の伸びは今年も+を維持する可能性が高いが、GDPの伸びに追いつくことは期待できない。にもかかわらず、現在の予測では貿易集約度は2020年までわずかな低下にとどまっている。

2018年に下落した唯一の指標は資本だった。実際、グローバルな連結性の後退は、国際資本フロー、特に外国直接投資(FDI)とポートフォリオ株式投資の縮小によって完全に加速した。2019年の初期の資本フローデータはある程度の安定化を示唆しているが、これらの指標の確実な回復は依然として見込めない。しかし、最近のFDIの減少の大部分は、米国の税制変更によるものであり、米国の多国籍企業が海外で保有している収益を本国に送金するよう促している。これは、企業のグローバル化が大きく後退することなく、ファンダメンタルズが見かけよりも強くなっている可能性を示唆している。

「情報と人材のグローバルな流れ」では、情報の流れのグローバル化は進んでいるが、有効な測定データは減速の可能性を示している。国際通信の成長は、少なくとも2000年初頭以降、国内通信の成長をはるかに上回ってきたのが常だが、最近のデータでは、両方が現在、より似通った速度で成長していることを示唆している。グローバルな人材の流れも、引き続き進んでいる。新興国からの外遊や観光ビザの自由化は、国際観光を大幅に後押ししている。公共政策の議論にもかかわらず、越境移住は増加し続けている。

2019年の最新版では、DHL国際連結性指数によって測定された4つの流れ—貿易、資本、情報、および人材—は全て、現在激しい逆風にさらされていると示されている。開かれた将来に関する障壁と不確実性の高まりは、大きな負担を伴い始めている。同時に、グローバル化の認識に関する調査では、グローバルなつながりが実際にどれほど制限されているかを、多くの人々が実感していないことが明らかになった。

世界はこれまでの歴史上のどの時点よりも密接につながっているが、ほとんどのビジネスは、国境を越えずにまだ国内で行われている。このレポートは、グローバル化に対するこのような過大な認識が、ビジネスにおける意思決定の歪みや、グローバルな連結の更なる拡大から得られる大きなポテンシャルの過小評価につながることを強調している。

関連記事

最新ニュース

物流用語集