大和ハウス/東京23区隣接に2分割対応の5.1万m2物流施設

2019年12月04日 

大和ハウス工業は12月1日、埼玉県草加市でマルチテナント型物流施設「(仮称)DPL草加」を着工した。

<完成イメージ>

DPL草加

地上5階建て延床面積5万1000m2の施設で、最大2区画に分割可能。2021年3月の竣工を予定している。

東京外環自動車道「草加IC」から4km、「三郷IC」から4km、首都高速「八潮南IC」から4kmでアクセスでき、東京23区に隣接するほか、東京湾や羽田空港等の物流拠点へのアクセスも良好で、首都圏向け保管・配送拠点として利便性の高い立地。主要高速道路や幹線道路へのアクセスで、北関東や東北地方まで広域対応も可能となっている。

<10月10日に行われた地鎮祭>

■(仮称)DPL草加の概要
建設地:埼玉県草加市松江5-758
敷地面積:2万5983.66m2
建物規模:5階建
建物用途:倉庫(従用途:事務所)
建築面積:1万362.14m2
延床面積:5万1007.91m2
構造:PCaP/C免造震/耐火建築物
着工12月1日
竣工:2021年3月15日(予定)
駐車台数:169台
駐輪台数:60台
テナント数:2区画
トラック待機:4台
梁下有効:5.5m
取引態様:貸主

最新ニュース

物流用語集