SGモータース/車両点検や診断技術、知識を競うコンテスト開催

2019年12月04日 

SGモータースは12月4日、SGモータース整備士が、車両の点検や診断の技術、知識を競う「SGモータース 第2回 メカニックコンテスト」を、11月13日・14日に「いすゞ ものづくりサービストレーニングセンター」で開催したと発表した。

<実技競技の様子>

実技競技の様子

<優勝した東京店 呼斯楽(中央)・齊藤優太(右)チーム>

優勝した東京店 呼斯楽(中央)・齊藤優太(右)チーム

コンテストは、SGモータースの主要事業の1つである車両整備での技術や知識のさらなる向上を図るために昨年より実施しているもの。約500名いる整備士のうち、各拠点から選出された17チーム34名が出場。11月13日に学科競技、11月14日には実技競技を行い、合計得点で順位を決定した。

実技競技では、点検整備を迅速かつ正確に遂行する力や、不具合箇所・不適合箇所・予防整備箇所を見出す力を競う「点検競技」と、診断機器、配線図、テスター等を用いて故障箇所を見つける力を競う「診断競技」の2種目を実施。ペアを組み実技を行うため、2人のコンビネーションも問われた。

2日間の競技の結果、東京店の齊藤 優太・呼斯楽チームが見事、二代目チャンピオンに輝いた。

■実施概要
実施日時:2019年11月13日(水)~ 11月14日(木)
実施場所:「いすゞ ものづくりサービストレーニングセンター」(神奈川県藤沢市土棚8番地)
参加者:SGモータース各拠点の整備士 34名(1チーム2名×17チーム)
競技内容 :
<学科競技:11月13日>
車両構造・制御に関する基礎知識や、いすゞ車両の制御関連知識、法令点検基礎知識など を問う筆記試験を実施。
<実技競技:11月14日>
点検整備を迅速かつ正確に遂行する力や、不具合箇所・不適合箇所・予防整備箇所を見出す力を競う「点検競技」と、診断機器、配線図、テスター等を用いた故障箇所を見つけ出す力を競う「診断競技」の2種目を実施。

■競技結果
優勝 東京店 齊藤 優太(さいとう ゆうた)・呼斯楽(ふする)
準優勝 埼玉店 張 赫(ちょう かく)・山田 幸信(やまだ ゆきのぶ)
3位 東大阪店 福田 亮大(ふくだ りょうた)・井崎 哲男(いざき てつお)

最新ニュース

物流用語集