中央倉庫/滋賀県大津市の名神「瀬田東IC」付近に新倉庫建設

2019年12月03日 

中央倉庫は11月26日の2020年3月期第2四半期決算説明会で、今期のトピックとして滋賀県大津市に新倉庫の建設用地を取得したほか、北陸支店金沢営業所の新倉庫を竣工したと発表した。

<倉庫建設地の周辺図>

滋賀県大津市の建設地は5月31日付で取得したもの。土地面積は2万1658m2で、名神高速道路「瀬田東IC」「瀬田西IC」や、京滋バイパス「南郷IC」から至近に位置している。

<北陸支店金沢営業所の新倉庫(増築部分)>

また、北陸支店金沢営業所では、倉庫面積9658m2のF号倉庫を11月14日に竣工。これにより、金沢営業所の合計倉庫面積は2万6700m2になり、同社最大の営業面積となった。なお、新倉庫の建設は総合効率化計画の認定を取得している。

最新ニュース

物流用語集